MENU

高齢者の認知症予防には脳トレが効果的?おすすめサービスを紹介!

高齢者 脳トレ おすすめ
本ページにはプロモーションが含まれております。

現在の日本では高齢化が進み、認知症患者数は年々増加の一途をたどっています。

高齢者の認知症予防に効果的と言われている「脳トレ」ですが、数多くの種類があり、どのように選べば良いのかわからない人も多いかもしれません。

また、離れて暮らす一人暮らしの親御さんの「認知機能の低下」が心配で、脳トレを勧めてあげたいと考えている方もいるでしょう。

脳トレは、実際に老人ホームやデイサービスにおいても積極的に取り入れられており、高齢者にとって嬉しい効果が期待できます。

定期的に脳トレを実践することで、本当に認知症予防につながるのでしょうか。

そこで本記事では、脳トレから得られる効果や注意点、脳トレのおすすめサービスについて詳しく解説していきます。

目次

脳トレとは?

そもそも「脳トレ」とは、どのようなものなのでしょうか。

脳トレは「能力トレーニング」を略した言葉であり、認知機能低下を改善したり、集中力・記憶力の向上を目的としたトレーニングを指しています。

さまざまなタイプの問題を解いて、楽しみながら脳の働きを活性化させられるのが人気の秘密です。

「高齢者に向けたもの」「認知症予防のために行うもの」という認識をしている方も多いかもしれませんが、集中力や記憶力の向上にも効果的ですので、幅広い年齢層の方におすすめ。

もちろん、認知症にも有効ですので病院や介護施設などでも取り入れられています。

高齢者の脳トレで期待できる効果とは?

定期的に脳トレを行うことで、高齢者にとってどのような効果が期待できるのでしょうか。

脳トレは「継続すること」が非常に重要です。

高齢者の脳トレで期待できる3つの効果
  • 認知症の予防として最適
  • ストレス解消につながる
  • コミュニケーションがとれる

高齢者が脳トレを行うことで、さまざまな効果やメリットが生まれます。ひとつずつ確認していきましょう。

認知症の予防として最適

脳トレの効果1つ目は、認知症の予防や認知機能の低下に最適な点です。

脳トレには「クイズ」「ゲーム」「パズル」「計算」など、さまざまなタイプがあります。

脳トレを繰り返し行うことによって、前頭葉が刺激され、脳内の血流が良くなるのです。

衰えてきた記憶力・思考能力・判断力・理解力などが活性化され、認知機能の低下を妨げてくれるでしょう。

ポイントは、難しい問題に挑戦するわけではなく、簡単で楽しめるものを「継続して長期的に続ける」ことです。

また認知機能の低下は、本人はもちろん、離れて暮らす家族は気づくのが難しくなります。

しかし脳トレを毎日行うことで、本人も自身の変化に気づきやすくなり、ご家族も現状を把握しやすくなるでしょう。

ストレスの解消につながる

脳トレによって得られる効果2つ目は、高齢者のストレス解消につながる点です。

間違い探しやなぞなぞ・計算問題など、自分の力で解けたときには、大きな達成感や満足感が生まれます。

年齢を重ねるごとに、何かに挑戦する機会は減っていくため、高齢者は溜まったストレスを発散したり充実感を味わう機会が少なくなるのが一般的です。

しかし、脳トレは満足感や達成感を得られるため、高齢者にとってストレス発散の時間になるでしょう。

コミュニケーションがとれる

脳トレで得られる効果3つ目は、コミュニケーションがとれる点です。

上記でも触れましたが、脳トレは病院・介護施設・デイサービス・老人ホームなどでも広く取り入れられています。

1人で取り組むタイプのものも数多く提供されていますが、複数人で楽しみながら進めていくものもあり、バリュエーションに富んでいるのもポイント。

高齢になるにつれ、人との関わりが徐々に減っていき、孤独感を感じる老人が多いのが現状です。特に、家族と離れて暮らす一人暮らしの高齢者の数は年々増加しており、人とコミュニケーションをとる機会が少なくなっています。

デイサービスや介護施設などで、仲間と一緒に脳トレに取り組むことができれば、会話もはずみ意欲の向上にも効果的。

複数人で協力しながら取り組むことによって、達成感や満足感も増加するでしょう。

高齢者の脳トレ|3つの注意点とは?

高齢者にとって脳トレは、さまざまなメリットをもたらすことがわかりましたが、行う際の注意点はあるのでしょうか。

  • 時間に余裕のある時に実践する
  • やさしい問題から始める
  • 高齢者のプライドをしっかり守る

高齢者が脳トレを行うときには、上記の3点に注意しましょう。

時間に余裕のある時に実践する

まずひとつ目は、時間に余裕のある時に行うことです。

脳トレは「充実感」や「達成感」が得られることも大きな魅力のひとつ。

もし、時間がないときに取り掛かってしまうと、問題が解けないまま次の行動に移らなければなりません。「あと少しで解けそうだったのに」という気持ちが芽生え、その後のモチベーションにも悪影響を及ぼします。

達成感や満足感も得られず、脳トレに対してマイナスのイメージを持ってしまう可能性も。

十分に時間が確保できるときに取り組むのがおすすめです。

やさしい問題から始める

2つ目は、やさしい問題からスタートすることです。

高齢者の中には「以前はできていたことも、徐々にできなくなっている」という悩みやストレスを抱えている人が大勢います。

脳トレでさまざまな問題をクリアすることによって、大きな自信につながり、日々の楽しみにもなっていくのです。「明日もやってみよう」という気持ちになることがポイント。

また、難しい問題の場合、解くことができないだけでなく意味を理解できない可能性もあります。

そうなると「つまらない」「もうやりたくない」といった感情が生まれてしまい、習慣にするのが難しくなってしまうのです。

難易度は、一人ひとりのレベルに合わせたものを選ぶようにしましょう。

高齢者のプライドを守る

高齢者のプライドを守ることも、脳トレを行う際に注意したいポイントです。

脳トレ問題が解けなかった場合「どうしよう。恥ずかしい」「以前はわかったはずなのに」と、深く落ち込んんでしまうケースも少なくありません。自信を喪失し、脳トレに取り組めなくなってしまう可能性も。

また、ご家族が「こんな簡単な問題もできないの?」「これくらい誰でもわかるでしょう」などと、心無い発言をしてしまうのはNGです。

脳トレは「楽しみながら積極的に行うこと」が非常に重要になります。

もしも、問題が解けなかったり間違えてしまったときには、高齢者に寄り添って共感を示すよう心がけましょう。

自尊心を傷つけないよう十分に配慮しながら、優しく見守ることを意識してください。

高齢者におすすめの脳トレ7選

高齢者におすすめの脳トレには、どのようなものがあるのでしょうか。

一人ひとり、得意・不得意分野や楽しいと感じるジャンルが異なりますので、それぞれの高齢者に合ったタイプの脳トレを選んでください。

  • 計算問題
  • なぞなぞクイズ
  • クロスワード
  • ジグソーパズル
  • 間違い探し
  • 塗り絵
  • ラジオ体操

ここからは、おすすめの脳トレ7選を紹介していきます。

計算問題

高齢者におすすめの脳トレ1つ目は、計算問題です。

年齢を重ねるごとに、計算力はゆっくりと衰えていきます。

しかし、毎日繰り返し計算問題を解くことで計算力低下に歯止めをかけることが可能です。

また「虫食い算」もおすすめ。例えば

▢+15=32
55-▢=16

といった、穴埋め問題も脳の活性化に効果的です。

足し算や引き算だけでなく、それぞれのレベルに合わせて、掛け算や割り算も取り入れてみましょう。

簡単すぎても難しすぎても、高齢者にとってストレスになります。少し頭を使って解けたときの満足感を得られる問題を選んであげるのがポイントです。

なぞなぞクイズ

楽しみながら脳を鍛えられる「なぞなぞクイズ」は、デイサービスや老人ホームでも人気となっています。

なぞなぞは、普段使っている脳の働きとは違う部分を刺激してくれる点も魅力です。

また、仲間と楽しくコミュニケーションをとりながら進行できるため、会話も弾みます。

思考力や想像力の低下を予防するのにおすすめです。

クロスワード

「脳トレ」と聞いて、真っ先にクロスワードを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

クロスワードは、それぞれに振られた番号のヒントを用いて、空白のマスの中に答えを記入していくパズルです。

「考える力」を最大限に活用するので、記憶力の向上にも最適。

大勢で楽しめるのはもちろん、1人の時間にいつでも気軽に行えるのがメリットと言えるでしょう。

ただし、クロスワードは高齢者でなくても「難しい」と感じる問題が多いため、難易度を選ぶときには細心の注意を払うようにしてください。

ジグソーパズル

ジグソーパズルも、脳を鍛えるのにおすすめのアイテムです。

小さなピースを一つひとつ指で掴む動作も、認知症の予防につながります。

ジグソーパズルは、子ども用から大人用・高齢者向けなどさまざまなタイプが販売されており、高齢者向けのパズルは「厚みがあり掴みやすいピース」となっているのが特徴です。

ピース数だけでなく、高齢者の興味のあるもの(「動物」「食べ物」「名画」「風景」など)をリサーチしてからジグソーパズルを選ぶと、より一層楽しんでもらえるでしょう。

間違い探し

高齢者におすすめの脳トレ5つ目は「間違い探し」です。

一般的に間違い探しは、2つの絵を見比べて、異なる箇所を探すゲームになっています。

まずは1枚の絵をしっかりと覚えなければならないため、記憶力や集中力を鍛える効果が期待できるでしょう。

また、間違えている箇所は1つではなく複数箇所あるため、何度も2枚の絵を見比べることによって「観察力の向上」にも大きな効果をもたらします。

塗り絵

塗り絵には、脳トレのイメージがないという方もいるかもしれません。

しかし塗り絵は、指先を頻繁に動かすことになりますので、脳の活性化に最適です。

仕上がりをイメージしながら、さまざまな色で仕上げていく工程が、右脳だけでなく左脳にも刺激を与えてくれます。

また現在は「塗り絵パズル」も数多く販売されており、それぞれの番号に決められた色を塗ることで「絵」や「文字」が完成するものも。

完成形を自由に想像して楽しめる塗り絵は、高齢者にリラックス効果をもたらしてくれるでしょう。

ラジオ体操

脳トレと運動を同時に行うことができるラジオ体操は、高齢者の認知機能低下防止に非常におすすめです。

ラジオ体操は、音楽に合わせて体を動かします。自由に身体を動かすわけではなく、決められた順番で体操を行うことになりますので「記憶力」を培うことができるのです。

リズムに合わせながら次の動きを考え、頭を使いながら適度な運動をこなすことができます。

高齢者の見守りと脳トレがセットになった「アイシル」もおすすめ

アイシル ボタン
引用元:アイシル公式サイト

離れて暮らす親御さんが高齢になってきて、心配事が増えているという方も多いのではないでしょうか。

認知機能の低下は、容易に気づくことはできません。離れていれば尚更、気づくのが遅れてしまうこともあるはず。

そんな方におすすめなのが、株式会社アイトシステムから販売されている「アイシル」です。

アイシルは「4つのセンサー」で、24時間365日いつでもしっかり親御さんの様子を見守ることができます。

また「カメラで見守られるのは抵抗がある」という高齢者は少なくありません。アイシルは、カメラを使用せずに見守りができるだけでなく、緊急時の対応や室内温度の管理・お薬の飲み忘れ防止の機能も付いているので安心です。熱中症対策にも、非常におすすめ。

認知症初期段階見極めシステムとして特許も取得しているので、信頼性も抜群です!

脳トレ本がセットになっていたり、NHKの体操の時間には、運動を促すメッセージも流れます。

離れて暮らしていても親御さんの生活リズムが把握でき、些細なことでもスマホに通知が来るようになっていますので、見守りサービスと認知機能の低下をセットで利用したい方におすすめのサービスです。

\ 認知機能低下の早期の気づき支援機能を搭載 /

アイシル

気になるアイシルの料金についてご紹介します。

モデル初期費用月額料金
アイシル単体モデル21,780円2,178円
モバイルルーターセットモデル39,380円3,278円

月額料金もリーズナブルで、続けやすいのも魅力です。

「今日はご飯食べたかな?」「薬はちゃんと服用できたかな」といった心配も、いつでもすぐにパソコンやスマートフォンで確認できるので安心です。

また、4つのセンサーで親御さんの行動を見守っているので、いざという時の安否確認にも最適。

アイシルについてさらに詳しく知りたい方は、見守りサービス「アイシル」の口コミ評判|認知症対策にもなるって本当?をチェックしてみてくださいね。

\ 認知機能低下の早期の気づき支援機能を搭載 /

アイシル

まとめ|高齢者向けの脳トレは種類が豊富!継続することが大切

本記事では、高齢者にとって脳トレにはどのような効果があるのか、注意点やおすすめの脳トレ7選などについて詳しく解説してきました。

脳トレは、認知機能低下を防止したりストレス解消につながるなど、嬉しい効果が期待できます。

またデイサービスや介護施設などで、仲間と一緒に脳トレを楽しむことができれば、コミュニケーションをとることができるので「孤独感の軽減」にもつながるでしょう。

脳トレは、楽しみながら長期的に続けることが1番のポイントです。

いつまでも元気で明るく過ごしてもらうためにも、ぜひ親御さんに「脳トレ」を勧めてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。以上、参考になると幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次