MENU

一人暮らしの高齢者向け|生存確認・安否確認方法おすすめ7選

一人暮らし 高齢者 生存確認 安否確認 方法
本ページにはプロモーションが含まれております。

離れて暮らす親御さんの様子が気がかりだという方も多いのではないでしょうか。親が一人暮らしであれば尚更です。

近くに住んでいれば、定期的に確認しに行くこともできますが、遠方だとなかなか会いに行くことができません。

特に、災害時や連絡が取れないときなどは、不安を募らせることもあるでしょう。

そんな時、一人暮らしの生存確認や安否確認に役立つサービスを利用すれば、不安は大幅に軽減されます。

そこで本記事では、一人暮らしの高齢者に向けた生存確認・安否確認ができるサービス7選を紹介していきます。

一人暮らしの親の様子が心配で、どのサービスを利用しようかお悩みの方の参考になると幸いです。

目次

一人暮らしの生存確認方法|タイプは5種類

一人暮らしの生存確認方法や安否確認の方法は、大きく分けると5つに分けられます。

一人暮らしの生存確認方法5つの種類
  • カメラで24時間見守れるタイプ
  • センサーで行動を知らせてくれるタイプ
  • 定期的に訪問して見守るタイプ
  • 家電を使用して生存確認ができるタイプ
  • 緊急時に駆けつけるタイプ

ひとつずつ確認していきましょう。

カメラで24時間見守れるタイプ

一人暮らしの生存確認や安否確認方法の1つ目は、カメラを使用して、24時間見守りができるタイプです。

リアルタイムで生活の様子を確認できるため、いざという時でも安心。見守る側は、普段の生活リズムを把握できるため、異変に気づきやすいのもカメラタイプの特徴です。

カメラでいつでも状況を知ることができるため、何かあった時には、いち早く対応できます。

センサーで行動を知らせてくれるタイプ

センサータイプは「冷蔵庫の開閉」や「外出時のドアの開閉」などがあると知らせてくれたり、体温や動きで察知するセンサーなど、さまざまなタイプがあります。

中には「反応がない時に連絡が来る」というタイプもあるため、緊急時には手遅れになる可能性も。

お互い適度な距離感が必要で、干渉しすぎたくないという場合に適しています。

定期的に訪問するタイプ

一人暮らしの生存確認や安否確認3つ目は、定期的に専任スタッフが訪問して、利用者の様子を確認する方法です。

宅配業者や電気・水道・ガス会社、郵便局でもサービスの提供を行っています。

訪問時に対面でコミュニケーションを取れる点は安心ですが、訪問頻度が限られているというデメリットも覚えておきましょう。

家電を使用して生存確認を行うタイプ

一人暮らしの生存確認・安否確認の方法4つ目は、家電を使用するタイプです。

現在、冷蔵庫やポット・テレビや電球など、さまざまな見守り家電が販売されています。

それぞれの家電には「センサー」が内蔵されているので、対象の家電を使用することで、見守る側に通知が届く仕組みです。

毎日使用するものばかりなので「生存確認」がメインであれば、かなりおすすめ。

しかし、冷蔵庫やテレビなどは本体価格が高額ですし、初期費用や月額使用料・インターネット料金が必要なものもあります。

緊急時に駆けつけるタイプ

緊急時に駆けつけるタイプは、警備会社との契約が多くなっています。

サービス内容はさまざまですが、一定時間動きがないと判断した際や、高齢者が「緊急ボタン」を押すことによって駆けつけてくれるものも。

瞬時に駆けつけてもらえるので、何かあったときには安心のサービスですが、費用が高額になるケースも多いので注意しなければなりません。

一人暮らしの生存確認・安否確認サービスおすすめ7選

ここからは、一人暮らしの高齢者におすすめの生存確認や安否確認のサービスを7つ紹介していきます。

それぞれのサービスで、料金や見守り内容などが大きく異なりますので、ご自身に合ったものを見つけてくださいね。

MANOMA(マノマ)

引用元:MANOMA公式サイト
タイプカメラ/センサー/駆けつけ
初期費用1,650円
(※Wi-Fiも同時に契約する場合は、事務手数料3,300円+SIMカード440円)
月額料金3,278円
Wi-Fi利用者はプラス2,200円
解約違約金なし
(初期設定代行サービスを利用した場合のみ、12ヵ月以内の解約で11,000円。13ヵ月目以降は0円)

MANOMA(マノマ)は、業界大手のソニーが提供している見守りサービスです。

一人暮らしの高齢者向けである「親の見守りセット」は、室内カメラでいつでも様子を確認できるだけでなく、開閉センサーや家電の遠隔操作もできるので安心。AmazonのAlexa機能を使って、薬の飲み忘れを防ぐことも可能です。

ネット環境が必要となりますが、ご自宅にWi-Fiがない場合でも、MANOMAが提供してくれるので非常に便利。

また、オプションで「セコム駆け付けサービス」も利用できる点も魅力です。

\ 充実したサポートサービスで安心利用が可! /

MANOMA

みまもりCUBE

引用元:見守りCUBE公式サイト
タイプカメラ
初期費用3,850円(キャンペーン実施時は、キャンペーンルールが適用されます)
月額料金【大容量(定額)1年プラン】:5,940円
【大容量(定額)短期プラン】:7,920円
【ライト(従量課金制)1年プラン】:5,390円
【ライト(従量課金制)短期プラン】:7,370円
解約違約金1年プランの解約例:残り6ヵ月で解約する場合
1ヵ月あたり3,900円の違約金が発生
3,900円×6ヵ月分=23,400円
(ただし、見守り対象者が「逝去」「入所」に限り免除)

みまもりCUBEは、ネット環境がなくても利用可能な、介護用見守りカメラです。コンセントを差し込むだけで使えるので、設定に悩む必要もありません。

見守る側の人数に制限がないのも大きなポイントです。ご自身に合ったプランを選択できる点も魅力です。

また、会話機能やプライバシー保護機能も付属されているので、一人暮らしの安否確認に最適なカメラとなっています。

\ 介護用見守りカメラ人気No.1! /

みまもりCUBE

アイシル

引用元:アイシル公式サイト
タイプセンサータイプ
初期費用21,780円(単体モデル)
39,380円(モバイルルーターセットモデル)
月額料金2,178円(単体モデル)
3,278円(モバイルルーターセットモデル)

アイシルは、カメラタイプではありませんが、365日いつでも高齢者の様子を知ることができる嬉しいシステムです。

月額利用料もリーズナブルですので、見守る側の負担になることもありません。

食事の後やお薬を飲んだ後に、ボタンで通知がくるため、離れていても毎日の生活リズムを把握できるでしょう。

また、高齢者に多い「熱中症」を防ぐ機能として、室内の温度が上昇している際にはメールでお知らせが来るサービスもあります。

\ 認知機能低下の早期の気づき支援機能を搭載 /

アイシル

SECOM(セコム)親の見守りプラン

引用元:セコム公式サイト
タイプカメラ/センサー/駆けつけ
初期費用工事料金:48,400円
保証金:20,000円(契約満了時に返却)
月額料金5,060円
解約違約金電話連絡で確認

ホームセキュリティのSECOM(セコム)では、高齢者向けの「親の見守りプラン」があります。

異常を察知したときには、いち早くセコムが駆けつけてくれるので安心です。センサータイプなので、プライバシーも守られます。

見守る側は「いつでもみまもり」アプリで、親御さんの活動量や生活リズムが確認できるので、何か変化があればすぐに気づくことができるでしょう。

親御さんは、24時間365日、セコムの看護師に健康相談ができる点も魅力です。体調がすぐれず不安なときには、すぐに電話で確認できるのが嬉しいですね。

「セコムの見守りサービスを、もっと詳しく知りたい!」という方は是非、セコム【高齢者見守りサービス】の口コミや評判は?メリット・デメリットや費用を解説!をチェックしてみてください。

\ 簡単資料請求・お見積もり依頼/

セコム

ALSOK(アルソック)みまもりサポート

引用元:アルソック公式サイト
タイプセンサー/駆けつけ
初期費用【お買い上げプラン】:70,565円
【レンタルプラン】:13,365円
【ゼロスタートプラン】:0円
月額料金【お買い上げプラン】:1,870円
【レンタルプラン】:2,838円
【ゼロスタートプラン】:3,069円
解約違約金電話で確認

ALSOK(アルソック)では、高齢者向けの「みまもりサポート」のサービスが提供されています。

3つのプランから選択できますので、初期費用や月額料金を比較しながら選べるのが嬉しいポイント。基本サービスでは「緊急駆けつけ」「注意喚起」「24時間いつでも電話相談」がセットになっています。

さまざまなオプションサービスも用意されており「センサーで安否確認」「ペンダント型緊急ボタン」「徘徊見守り」「熱中症見守り」なども、必要に応じて付けることが可能です。

親御さんの状態に合わせて見守り活動ができる「みまもりサポート」は、見守る側のご家族も安心できるのでおすすめ!

「アルソックのみまもりサポートについて、もう少し詳しく知りたい」という方は、アルソック【高齢者向け見守りサービス】口コミ・評判|特徴や費用を解説!を参考にしてみてください。

\ まずは無料資料請求で安心情報を確認 /

アルソック

HelloLight(ハローライト)

引用元:HelloLight公式サイト
タイプ家電
購入代金10,780円
月額料金495円

HelloLight(ハローライト)は、Wi-Fi不要でシンプルな見守りができると評判のIoT電球です。LED電球とSIMが一体化しているため、ネット環境なしでも問題ありません。

「親は、パソコンもスマホも使っていないから、見守りのためにネット環境を整えるのは面倒」とお考えの方におすすめしたい家電です。

見守る側の家族にメールで通知が入る仕組みとなっているので「電気がつけっぱなしになっている」「しばらく電気をつけていないけど大丈夫かな」といったように、異常を察知することができます。

月額料金も非常に良心的ですので、初めての見守りや生存確認・安否確認に最適です。

郵便局のみまもりサービス

引用元:郵便局公式サイト
タイプ訪問/駆けつけ
月額料金みまもり訪問サービス:2,500円(職員が月1回訪問)
みまもりでんわサービス:固定電話の場合1,070円/携帯電話の場合1,280円
オプション駆けつけサービス:月額+880円で利用可能

郵便局のみまもりサービスは「訪問サービス」「電話サービス」があり「駆けつけサービス」はオプションとして利用することができます。

訪問サービスは1ヵ月に1度、郵便局の担当職員が実際に自宅に訪問し、親御さんと会話や質問をしてくれるサービス。月に1度の「職員との会話」を楽しみにしている高齢者も多く、認知症の予防としても効果的です。

その様子は、見守る側のご家族に「写真付き」で報告してもらえます。親御さんの表情を見れば、安心感が高まるはずです。また、家の中の様子も教えてもらえますので、変わった点はないか判断しやすいでしょう。

電話サービスは、決まった時間に毎日電話をかけてもらえます。2回連続で応答がなかった場合には、メールで知らせてもらえるシステムです。訪問サービスと併用すれば、さらに不安も軽減されますね。

一人暮らしの生存確認方法|選ぶときの注意点

遠く離れて暮らす親御さんの様子を心配する方は非常に多いはずです。

近年では、高齢者の孤独死なども多くなり、不安に拍車がかかってしまいますよね。

「万全のセキュリティで安心感のある見守りサービスを利用したい」「常に親の行動を把握しておきたい」

心配するあまり「見守る側」の気持ちばかり優先してしまうケースも多くなっています。

安否確認や生存確認のサービスを選ぶ際に注意したいのは「親御さんの気持ち」です。

見守る側としては、安全で快適に暮らせるよう配慮しているつもりでも、親御さんは窮屈に感じている場合もあります。

お互いの距離感やプライバシーの面を考慮しながら、ゆっくりと話し合いを進めていくことが大切です。

まとめ|一人暮らしの高齢者向け「生存確認方法」は用途に合わせて選ぼう

本記事では、一人暮らしの高齢者に向けた生存確認・安否確認サービスおすすめ7選や、見守りサービスの種類について詳しく解説してきました。

「なかなか会いに行けず、親御さんに寂しい思いをさせてしまっている」「何かあったときのために、出来る限りのことはしてあげたい」

見守る側も見守られる側も、さまざまな想いを抱えています。

今回紹介したサービスは、形態や費用などが大きく異なりますので、それぞれのご家庭に合ったタイプを見つけるようにしましょう。

選ぶときには、親御さんの気持ちを第一に優先し、程よい距離感で見守りできるのが望ましいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。以上、参考になると幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次