MENU

高齢者向け|見守りGPSおすすめ7社を徹底比較!選び方や費用を解説

高齢者 見守り GPS 比較 おすすめ
本ページにはプロモーションが含まれております。

高齢になると、認知症が発症するケースも多く、親御さんの行動から目が離せなくなるご家族も多いですよね。

突然、外出して迷子になってしまったり、徘徊してしまうことも。

一緒に暮らしていても、24時間監視することは難しいですし、夜中の徘徊はどうすることもできません。

また、高齢の親と離れて暮らしている場合には心配が募り、不安と隣り合わせの生活になってしまうでしょう。

そんなとき、居場所を確認できる「GPS」があると安心です。

見守る側のご家族は、スマートフォンやパソコンで瞬時に親御さんの居場所が確認でき、遠方で暮らしていても柔軟な対応ができます。

そこで本記事では、高齢者の見守りにおすすめのGPSを費用や特徴・使いやすさなどの面から徹底比較していきます。

高齢者向けのGPSを検討している方の参考になると幸いです。

目次

【高齢者向け見守りGPS】7社を一覧表で徹底比較!

【高齢者向け見守りGPS7社比較表】

スクロールできます
商品名初期費用月額料金特徴
ミマモルGPS(株式会社 HSB-confiance)0円9,800円~初期費用なし
豊富なレンタル期間
高齢者向け専用シューズあり
ココセコム(セコム)4,400円1,320円駆けつけにも対応
電話型
標準充電器別売り
まもるっく(アルソック)6,600円1,870円駆けつけにも対応
電話型
純正の充電器別売り
絆GPS(アットシグナル株式会社)5,500円7,150円~着信機能付き!
「お困りボタン」搭載
iTSUMO(アーバンテック)11,000円13,200円介護保険適用あり
iTSUMO専用シューズあり
認知症徘徊GPSセンター0円3,080円初期費用なし
レンタルプランと購入プランあり
どこさいる(AM Telecom)4,4002,200円キャンペーン中の料金(初期費用)
防水機能搭載

一覧表からもわかるように、初期費用がかからない商品もあるのがポイントです。

また「キーホルダー型」や「電話型」「靴装着型」など、タイプもさまざま。この他に「スマートウォッチ型」などがあります。

高齢者の徘徊や迷子は、最悪の場合、命を落としてしまう危険性も。事前の対策で、万が一に備えることができます。

しかし、GPSは、持って出かけなければ意味がありません。それぞれのご家庭に合ったタイプのものを選ぶようにしましょう。

高齢者向けのおすすめ見守りGPS|特徴や費用

ここからは、一覧表で紹介した7つの商品を「費用」や「特徴」「使いやすさ」などのポイントから紹介していきます。

高齢者見守りGPS7選
  • ミマモルGPS
  • ココセコム
  • まもるっく
  • 絆GPS
  • iTSUMO
  • 認知症徘徊GPSセンター
  • どこさいる

順番に見ていきましょう。

ミマモルGPS

高齢者介護 おすすめサービス ミマモルGPS
引用元:ミマモルGPS公式サイト

ミマモルGPSは、株式会社 HSB-confianceが提供している、高性能GPSとして人気の商品です。

お子さまやペットの見守り、大切な愛車や会社の車の管理などにも利用できます。

高齢者の徘徊や迷子を防ぐことにも最適!GPS内蔵型の「専用シューズ(別売り)」が販売されていますので、GPSを持たせる必要もありません。

また、性能面でも非常におすすめしたいアイテム。リアルタイム追跡が可能で、どんなに離れた場所でも、あっという間に見つけ出すことができます。

自分で迎えに行くことができない場合でも、お世話になっている介護スタッフと連携を取ったり、警察に通報して保護してもらうなどの対応が可能!最悪の事態を防ぐことができます。

レンタル期間は「7日間」~「2年間」まで、必要な日数だけレンタルできるから非常に便利です。

SIMカードも内蔵されていますので、ご自身で準備する必要もなく、追加費用や初期費用もなし!

見守る側のご家族は、スマホやパソコン・タブレットから追跡できますので、安心ですね。

スクロールできます
ミマモルGPSミニミマモルGPSネクストミマモルGPSプロ
レンタル料金7日間:4,680円
30日間:7,980円
365日間:34,800円
2年間:53,800円
7日間:4,980円
30日間:8,980円
365日間:37,800円
2年間:59,800円
7日間:5,980円
30日間:11,800円
365日間:39,800円
2年間:69,800円
1回の充電で何時間使える?2,440時間(約101日)2,060時間(約85日)約3週間
地図ZENRINGoogleマップGoogleマップ
検索方法リアルタイム
手動追跡検索
リアルタイム
手動追跡検索
リアルタイム
自動カーナビ方式

\ 24時間居場所がわかる! /

みまもるGPS

ココセコム

引用元:セコム公式サイト

ホームセキュリティーでお馴染みのセコムからは、大切な家族や愛車などを危険から守るサービス「ココセコム」のサービスが提供されています。

ココセコムは、駆けつけサービスにも対応しているため、ご家族が様子を確認しに行けない場合も安心!

親御さんが外出した際には、ご家族のスマートフォンに通知が入るため、心配なときにはセコムに通報することができます。

通報ボタンも搭載されていますので、ご自身でセコムに通報も可能。通報時には、セコムのスタッフとの通話ができるのも「ココセコム」の魅力です。

「指定エリア通知」のサービスも搭載されている点もポイント!

普段からよく行く場所を登録しておけば(最大5箇所まで)、実際にその場所を訪れたときに、ご家族のスマートフォンに通知される仕組みです。

親御さんが、普段から足を運ぶことの多い場所を把握しておけば、もしもの時にもすぐに見つけることができるでしょう。

初期費用4,400円
月額料金1,320円
1回の充電で何時間使える?350時間
その他費用駆けつけ:11,000/1回
充電器:2,750円
予備バッテリー:1,650円

\ 簡単資料請求・お見積もり依頼/

セコム

まもるっく

引用元:アルソック公式サイト

高齢者におすすめの見守りGPS、3つ目はアルソックの「まもるっく」です。

まもるっくは、駆けつけサービスに対応している「電話型GPS」

ストラップを引っ張るだけで、アルソックと電話がつながるので、いざという時でも迅速な対応ができます。

高齢者の方も「出かけるときは携帯電話を持つ」という習慣がある人が多いですよね。アルソックの「まもるっく」は、通話も可能!

首から下げるタイプのストラップも販売されていますので、常に持ち歩くよう、伝えておきましょう。

初期費用6,600円
月額料金1,870円
1回の充電で何時間使える?不明
備考駆けつけ:6,600円/1回
ACアダプター:5,170円
3年契約。以降、1年更新

\ まずは無料資料請求で安心情報を確認 /

アルソック

絆‐GPS

引用元:絆GPS公式サイト

アットシグナル株式会社から販売されている「絆‐GPS」は、独居老人や認知症の方に特化したGPSサービスです。

「GPSを持って外出しない」といったお悩みをお持ちの方も多いはず。

絆‐GPSは「キーホルダー」+「ストラップ」タイプとなっていますので、自宅の鍵とまとめておくことによって携帯させることに成功します。

親御さんが、自宅を出た瞬間から家族にメールが届く仕組みとなっていますので安心ですね。

親御さん本人が「帰れなくなってしまった」「体調が悪くなった」という時には「お困りボタン」を押すだけで、家族に連絡が届きます。

ご家族から「絆‐GPS」本体に電話がかけられる点もポイント!コンパクトで軽量ですが、通話機能があるので、安心感も増します。(本体は「着信専用」)

2年プラン1ヵ月契約
初期費用5,500円5,500円
月額料金7,150円7,700円
違約金あり
※2年に満たない月数×7,150円
なし

iTSUMO

引用元:iTSUMO公式サイト

高齢者の見守りGPS、おすすめの商品5つ目は、アーバンテックの「iTSUMO」です。

介護商品を取り扱う企業ですので、高齢者に嬉しいアイテムが揃っているのが特徴。

また、介護保険適用で、リーズナブルに利用できる点が1番の魅力です!介護保険負担割合や自治体などによって多少の誤差はありますが「月額1,500円~2,000」程度でGPSを使うことができます。

オシャレで履き心地抜群の専用シューズもありますので、高齢者の強い味方となってくれるでしょう。

介護保険が適用されれば、非常に使いやすい料金になりますので、ぜひケアマネージャーさんに相談してみてくださいね。

一般の方介護保険適用
初期費用10,000円0円
月額料金13,200円1,650~2,200円
(介護保険負担割合や自治体によって異なる)
違約金なしなし

認知症徘徊GPSセンター

引用元:認知症徘徊GPSセンター公式サイト

認知症徘徊GPSセンターは、高齢者の徘徊を見守ることに特化したGPSとして、高い評価を受けています。

初期費用も掛からず、月々の利用料も格安なので、非常に利用しやすいでしょう。

コンパクトで邪魔にならない大きさですので、高齢者が愛用している「杖」に装着したり、普段から使用している「ポーチ」などにストラップとして付けることも!

専用の「お守りケース(別売り)」もあり、ご高齢の方にとって「持ち運びやすい工夫」が施されています。

サイズの種類が豊富な、専用シューズも販売されているのが嬉しいですね。

レンタルプラン購入プラン
初期費用0円65,780円
(2年間の利用料込)
月額料金3,080円0円
契約期間毎月更新2年
備考洗浄・消毒・点検を完了したGPS端末機新品のGPS端末機
その他費用専用シューズ:8,800円(送料込み)
専用お守り:1,100円(送料込み)

どこさいる

引用元:やさしい手公式サイト

高齢者向けのおすすめのGPS、最後にご紹介するのは、AM Telecomから販売されている「どこさいる」です。インパクトのある商品名が印象的ですよね。

「必要なときだけレンタルできる」のが大きな魅力!長期契約縛りもなく、1ヶ月単位でレンタルできるのがポイントです。

2ヶ月目以降の利用料も「2,200円」と良心的ですので、続けやすいでしょう。

専用サイトから、親御さんの居場所を素早くキャッチ。見守る側は、パソコンやスマホ・タブレットから瞬時に確認することができます。エリア通知機能も搭載されているので、いざという時にも安心です。

初期費用6,600円
月額料金2,200円
その他費用GPS内蔵可能!専用シューズ:9,680円

高齢者向け|見守りGPSの選び方とは?

高齢者におすすめの見守りGPSを7つ紹介してきましたが、ご家庭に合ったGPSを選ぶときは、どのようなポイントに気をつけると良いのでしょう。

高齢者見守りGPSの選び方5選
  • 駆けつけサービスの有無
  • 位置の正確さ
  • 移動履歴がわかるかどうか
  • バッテリーの持ちはどのくらいか
  • 料金は予算内で収まっているか

ひとつずつ解説していきます。

駆けつけサービスの有無

親御さんが遠方で一人暮らしの場合、万が一の事態に陥っても、すぐに駆けつけてあげることはできませんよね。

ご自身で探しに行ける際は必要のないサービスですが、離れて暮らしている場合には、安心できるサービスと言えるでしょう。

セコムやアルソックのサービスでは、GPS契約時に「駆けつけサービス」も使えるようになります。

離れて暮らすご家族からの要請も可能な点が魅力。駆けつけは、別途料金が発生しますが、いざという時に備えておくのもおすすめです。

位置の正確さ

GPSの選び方2つ目は「位置の正確さ」です。

高齢者の多くは「徒歩」で移動することが多く、正確な場所がわからなければ、見つけ出すことは難しくなってしまいます。

「ここから、半径1kmの範囲にいます」と表示されたらどうでしょうか?かなり広範囲になってしまうので、なかなか見つけられないはずです。

正確な位置情報を提供してくれるGPSでなければ意味がありません。

購入を検討した際には、実際に使用した人たちの口コミや評判なども併せてチェックしてみましょう。

移動履歴がわかるかどうか

現在地だけではなく、移動履歴がわかるGPSだと安心です。

高齢者の徘徊は、繰り返し行われることが多いですよね。普段、どのように移動しているのか把握しておくことができれば、次に活かすことができます。

よく行く公園やお店、移動ルートなどを確認しておくのがポイント。

GPSの中には「エリア通知機能(よく行く場所を事前に登録しておくことで、実際に訪れたときに通知される)」が搭載されているタイプも少なくありません。

親御さんの行動パターンを理解して、早期発見の対策をとりましょう。

バッテリーの持ちはどのくらいか

バッテリーの持ちも、重要です。

充電するのは簡単ですが、ついうっかり忘れてしまうこともありますよね。

特に、親御さんが遠方で一人暮らしの場合には、GPSの充電を意識していない可能性も。

できるだけ、長く連続使用できるバッテリーが搭載されている商品がおすすめです。

今回紹介した7社のうち、最大連続使用時間が記載されていない商品もありました。

気になる方は、ホームページから問い合わせてみると良いでしょう。

料金は予算内で収まっているか

高齢者の見守りGPSの選び方、5つ目は「料金」です。

初期費用や違約金の有無はもちろん、契約年数もしっかりと確認しておくのがおすすめです。

GPSの性能やサービス内容だけで決めてしまうと、家計の負担になる可能性も。

GPSを検討している方の中には、既に「カメラでの見守り」や「センサーでの見守り」を取り入れているかもしれません。

見守りサービスを併用することで、費用もかさみますよね。

購入前にしっかりと予算を設定し、自分たちに合った商品を選ぶようにしましょう。介護保険適用のGPSもありましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ|見守りGPSで高齢者の生活を守ろう!

本記事では、高齢者向け「見守りGPS」7社の比較や、それぞれの費用や特徴・選び方について詳しく解説してきました。

今回紹介した7社を見ても、それぞれの商品で、サービス内容や料金が大きく異なることがわかりましたね。

駆けつけに対応してくれる商品や非常ボタンが搭載されているもの、通話ができるタイプなど、さまざまです。

ご家庭ごとに、必要となる機能は違ってきますので、自分に合った商品を見極めることがポイント!

また、専用シューズが販売されている商品は、高齢者にとって非常におすすめです。「GPSを持って出かけなかった!」というリスクを回避できますので、ぜひ検討してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。以上、参考になると幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次