MENU

高齢者にインターホンの音が聞こえない理由は?効果的な対策を解説!

高齢者 インターホン 聞こえない 対策
本ページにはプロモーションが含まれております。

高齢者に多くみられる症状のひとつに「インターホンが聞こえない」という問題があります。

加齢とともに耳が聞こえづらくなり、補聴器などで対策するケースもあるでしょう。

それでも「特定の音は聞き取りづらい」という場合が多く、主な原因として「加齢性難聴」が挙げられます。

一人暮らしの高齢者にとって、インターホンが聞こえないというのは、とても不便ですよね。

また、老人を狙った訪問詐欺の被害にも気をつけたいところです。

本記事では、高齢者の方がインターホンが聞こえないときの対策や介護向けインターホンの選び方などについて詳しく解説していきます!

インターホンに気づくことができず、悩んでいる方の参考になると幸いです。

目次

高齢者がインターホンの音が聞こえないのは「加齢性難聴」が原因

以前は、問題なく聞こえていたはずのインターホン。

年齢を重ねるごとに「インターホンが聞こえない」という老人が多くなるのはなぜでしょうか。

インターホンや電話の音が聞こえなくなる理由はさまざまですが、主な要因として「加齢性難聴」が挙げられます。

加齢性難聴とは、別名「老人性難聴」とも呼ばれており、加齢によって少しずつ高音が聞こえづらくなるもの。

老人や高齢者だけの症状と思われがちですが、早い人の場合「40代」から発症してしまいます。

年齢と共に、耳の中にある「有毛細胞」が少なくなり、音に関する情報を脳へ伝える働きが鈍ってしまうのです。

有毛細胞は、一度破壊されると再生されることはありません。高音が聞こえにくいという症状から始まり、徐々に「低音」も聞こえづらくなるでしょう。

しかし、初期段階で適切な処置ができれば、進行を緩やかにすることも可能!

「耳鳴りがする」「声が大きくなったと言われた」「テレビのボリュームを大きくするようになった」などの症状は、加齢性難聴の初期症状といわれています。

速やかに耳鼻科を受診することによって、進行のスピードを遅らせることができますので、ぜひ参考にしてくださいね。

高齢者向け|インターホンの選び方

ご家族が同居している場合は安心ですが、現在は「一人暮らしの高齢者」が増加しています。

離れて暮らす親御さんが「インターホンに気づけない」と悩んでいるケースも多いかもしれません。

荷物の受け取りや友人の来客など、インターホンは利用頻度が高く、聞こえないままにしておくことはできません。

高齢者にも「聞き取りやすい」「気づきやすい」インターホンは、どのように選べば良いのでしょうか。

高齢者向け|インターホンの選び方
  • 防犯機能が搭載されたインターホンを選ぶ
  • 聞き取りやすさを調節できるタイプのものを選ぶ
  • スマホと連動できるものは、遠方で暮らすご家族も確認できるので安心
  • 来客時に「音」と「光(視覚)」で知らせてくれるタイプがおすすめ
  • 見やすい「大画面モニター」が◎

高齢者がインターホンの音に気づきにくくなった場合、効果的な対策として「高齢者や介護用のインターホンを取り付ける」のがおすすめです。

防犯機能が搭載されたインターホン

一人暮らしの高齢者を狙った、悪質な訪問詐欺が多発していますよね。

「大きな音」「聞き取りやすい音」のインターホンを選ぶことはもちろんですが、防犯機能が搭載されているものを選ぶと安心感も増します。

録画機能やカメラが備わっているタイプのものを選べば、万が一、詐欺まがいの契約をしてしまったときでも柔軟な対応ができるでしょう。

カメラ付きに変えることで、悪質業者の訪問を減らす効果もあります。

音量調節が可能なもの

高齢者向けのインターホンは、音量調節が可能なタイプを選ぶのもポイントです。

私たちが思っている以上に、高齢者は一定の音が聞こえづらくなっています。

インターホンの音もその一つ。

「高齢者向け」「介護用」に特化したインターホンを選べば、親御さんでも聞き取りやすい音量に設定することが可能です。

スマホと連動できる

インターホンとスマートフォンを連動できるタイプを選べば、離れて暮らすご家族も、来訪者を確認できるので安心です。

外出中でも、来客を確認できたり会話できるタイプの商品も!

専用アプリをインストールするだけで、簡単に使うことができます。

もちろん、録画機能も搭載されていますので、後からスマホでチェックすることも可能。

来客時はすぐにスマホに通知されますので「インターホンが聞こえない」とお悩みの高齢者の方におすすめです。

「音」と「光(視覚)」で知らせてくれるタイプ

どれだけ大きな音量や、高齢者にも聞き取りやすい音で知らせてくれるインターホンであっても「やっぱり不安」と感じている方も多いかもしれません。

そんな時には、音だけでなく「光(視覚)」で知らせてくれるインターホンを選ぶのがおすすめ!

リビングやキッチン・寝室など、日頃から長時間過ごす場所に設置しておけば、音と光で教えてくれます。

また、商品によっては「防水タイプ」もあるため、お風呂場などに設置することも可能です。

中には「音」と「光」に加えて「振動」で知らせてくれるインターホンも!これなら、耳が聞こえづらくなった高齢者の方でも、来客に気づくことができますね。

モニター画面が大きく見やすいこと

インターホンを選ぶ際には、モニター画面が大きくて見やすいものを選ぶのもポイントです。

せっかく音や光で来客を確認できるようになっても、どのような訪問者なのかわからないまま対応してしまうのは、大きな危険が伴います。

モニター画面が大きければ、知り合いかどうかも把握できますし、宅配業者からの荷物の受け取りなどもスムーズです。

一方で、明らかに不審な訪問業者などを事前に察知することができるでしょう。

高齢者向け|インターホンの音が聞こえないときの対策アイテム3選

ここからは、インターホンの音が聞こえない高齢者におすすめの対策アイテムを3つ紹介していきます。

高齢者におすすめインターホン3選
  • Panasonic(パナソニック)LEDライト搭載「テレビドアホン」VL-SE50KFA
  • REVEX(リーベックス)警告・警報表示呼び出しチャイムセット
  • FABOMI(ファボミ)ワイヤレスコール 充電式

録画機能やカメラで防犯対策になるものや激しい光で来客を知らせてくれるもの、光と音と振動で訪問者を確認できるものなど、商品によって特徴はさまざまです。

それぞれのご家庭に合ったタイプを選んでくださいね。

Panasonic(パナソニック)LED搭載「テレビドアホン」

引用元:パナソニック公式サイト

高齢者におすすめのインターホン1つ目は、パナソニックから販売されている、LED搭載のテレビドアホンです。

別売りのSDカードを挿入することで、簡単に録画機能も使用できるので非常に便利!

カメラは「広角タイプ」なので、訪問者をしっかり確認できるから安心です。

「夜の来客は辺りが暗いので、しっかり確認できないことが不安…」という方も多いのではないでしょうか?

テレビドアホンならLEDライト(照明用ランプ)が搭載されているので、いつでも訪問者を把握できます。

また、来訪者が来た際には、音だけでなく「モニター画面が赤く点灯」してくれるのもポイント!

火災報知機とも連動しているので、一人暮らしの高齢者のインターホン対策におすすめの商品です。

REVEX(リーベックス)警告・警報表示呼び出しチャイムセット

引用元:REVEX公式サイト

高齢者にインターホンの音が聞こえなくなった時のおすすめアイテム2つ目は、リーベックスの「警告・警報表示呼び出しチャイムセット」です。

28個のLEDが激しくフラッシュしてくれるので、チャイムの音に気づきにくい高齢者でもすぐに来訪者を確認できます。

もちろん、光と同時に「音」でも知らせてくれるから安心。音の種類は、64種類も内蔵されており、音声やメロディ・サイレンなどからお好みのものを選択することが可能です。

ワイヤレスタイプだから、面倒な工事も一切必要ありません!取り付けも楽々。

価格も3,294円と、非常にリーズナブルなのが嬉しいですね。「振動付き」のタイプでも、5,053円とお求めやすくなっています。

インターホンの音が聞こえないときの対策に、リーベックスの「警告・警報表示呼び出しチャイムセット」を、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

FABOMI(ファボミ)ワイヤレスコール 充電式

引用元:FABOMI公式サイト

高齢者におすすめのインターホン3つ目は、FABOMI(ファボミ)から販売されている「ワイヤレスコール」です。

耳が遠くなった老人に嬉しい機能が搭載されており「音」と「光」と「振動」の3つで、来訪者を知らせてくれます。

ワイヤレスなので工事不要なことはもちろん、電池が内蔵されているため、コンセントも必要ありません!防水機能も付いているので、水回りでも使えるのがポイントです。

コンパクトだから持ち運びもでき、置き場所も自由自在!

4段階の音量調節と、58種類のメロディーからお好きなものを選ぶことができます。

これだけの安心機能が搭載されて、価格は2,880円とお手頃です。

「インターホンが聞こえなくて不便」とお悩みの際には、是非FABOMI(ファボミ)のワイヤレスコールをチェックしてみてくださいね。

まとめ|高齢者のインターホン対策には「光」や「振動」を利用しよう

本記事では、高齢者がインターホンの音を聞き取りづらくなる理由や聞こえない時の効果的な対策、おすすめのインターホンの選び方について詳しく解説してきました。

年齢を重ねるごとに、有毛細胞が破壊され、高音から徐々に聞こえづらくなることがわかりましたね。有毛細胞は再生されないため、早めの対応がカギとなります。

適切な処置を受けることによって、加齢性難聴の進行を遅らせることができるでしょう。

また、効果的な対策として、音だけでなく「光」や「振動」で来訪者を知らせてくれるインターホンを選ぶのがおすすめです。

症状に合わせて、それぞれのご家庭に合ったインターホンを選んでくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。以上、参考になると幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次