MENU

高齢者の筋力低下の原因と判断基準|効果的な対策・見守りサービスを紹介

高齢者 筋力低下 対策
本ページにはプロモーションが含まれております。

高齢者の筋力低下を「加齢による老化現象」と、半ば諦めてはいる方は少なくないかもしれません。

確かに、若い頃に比較すると筋肉量が減るため、衰えを実感する機会が増えていきます。

筋力低下が進むとサルコペニアや廃用性筋委縮と診断され、対策や治療を促されることもあります。筋力低下を抑えるためには、適度な運動を心掛けるのが望ましいでしょう。

本記事では、高齢者の筋力低下の主な原因を探り、日常生活へのリスクと危険度判断のチェックポイントをわかりやすく解説していきます。

効果的な対策と遠方からでも安心して見守れる支援サービスも紹介するので、ご家族の方共々、どうぞ参考になさってください。

目次

高齢者の筋力低下は老化ばかりが原因ではない

年齢を重ねると筋肉が生成されにくくなり、筋力が低下してしまいます。

筋肉の萎縮は日々進み筋肉を形作る筋繊維も大きく減少し、70歳になると20歳の頃から比べて30%も減ってしまうのです。

こうしたデータから、筋力低下は「老化」による自然現象と片付けてしまいがちですが、サルコペニアや廃用性筋萎縮という病気として診断される場合も。

ここからは、高齢者の筋力低下の原因とされるサルコペニアと廃用性筋萎縮、混同されがちなフレイル・ロコモティブシンドロームについて解説していきます。

サルコペニアとは

サルコペニアとは、全身の筋肉量減少と筋力低下、身体機能の低下した状態です。

これまで単純に老化現象のひとつとされていた筋力低下が、適切な対策をとれば症状の進行を抑えられる症状として認められた結果の診断名。

サルコペニアは握力や歩行速度、ふくらはぎの太さなどによって診断されます。

握力や歩行速度によって診断基準が設けられ、一般的な身体機能低下の範囲を超えていたり、日常生活に支障をきたすほどの低下が認められたりした場合にサルコペニアと診断されてしまいます。

症状の進行によっては、嚥下障害や寝たきり、人工呼吸器を外せない状態になるので注意しておきましょう。

廃用性筋萎縮とは

廃用とは身体の活動生が落ちた状態をいい、廃用性筋萎縮とは長期入院や寝たきりが長く続き筋力が低下する状態です。

サルコペニアが筋繊維も筋肉の横断面積も減少するのに対し、廃用性筋萎縮は入院や極端な運動不足など、筋肉を動かさないことによって筋肉が委縮して横断面積のみ減少した状態。

高齢者の場合、1週間寝たきりの生活を続けると、筋力が10〜15%低下してしまいます。

さらに長期化すると精神面の機能低下も見られるようになり、廃用症候群と診断される場合もありますので注意しなければなりません。

使わないこと(≒廃用)による低下ですので、適切な運動を開始すれば状態を改善させることは難しくないでしょう。

サルコペニアとフレイル・ロコモティブシンドロームの違いと関係

フレイルとは加齢によって心身の活力が低下し、心身の著しい脆弱性が認められた状態です。

サルコペニアや廃用性筋萎縮が肉体面のみの機能低下を示すことに対し、フレイルは認知機能の衰えや精神的な問題、社会的問題などが加味され、要介護の前段階と位置づけられています。

つまり、サルコペニアや廃用性筋萎縮はフレイルに含まれる症状の一つと捉えることもできますね。

ロコモティブシンドロームとは、加齢による足腰の衰えやケガなどが原因で、日常生活に支障をきたしている状態です。

運動器症候群、通称ロコモとも呼ばれ、こちらもフレイルに属するという考え方もありますので参考にしてみてください。

サルコペニア・廃用性筋萎縮、フレイルやロコモティブシンドロームは、いずれも高齢化に伴う機能の衰えた状態をカテゴライズした用語です。

それぞれの診断基準を覚えておくと、筋力低下の状態を把握しやすく対策を講じやすくなります。

高齢者の筋力低下による日常生活へのリスク

高齢者の筋力低下が著しく進行すると、以下のような事故・症状が懸念されます。

  • 転倒しやすくなる
  • 寝たきりのリスクが高まる
  • 嚥下障害や誤嚥
  • 肥満
  • 引きこもり
  • うつ病の発症

上記項目から、筋力低下が活動を抑制し、肥満を呼び込み、さらなる運動機能の低下を引き起こすことがわかります。

そして引きこもるようになり、精神までむしばんでいくのです。

筋力低下がさらに進むと重度の障害や病気、大きな怪我へと繋がることは容易に想像できるでしょう。

高齢者の筋力低下を判断するチェックポイント

高齢者の筋力低下を判断するチェックポイントとして、よく挙げられるのが以下の3項目です。

  • 筋肉量測定
  • 握力測定
  • 歩行速度測定

筋肉量は、ふくらはぎを両手の親指と人差し指のわっかで囲んだときの隙間で判断します。

握力測定は男性が28kg、女性は18kg、歩行速度は1秒間に1mが目安です。

また、横断歩道を青信号のうちにわたり切れるかなども判断材料となっています。

ただし、これらはあくまでも平均値における判断基準。

個人差があるため、基準を下回っていても日常生活に支障がなければ問題ありません。

大切なのは、定期的な測定による筋力低下の進行を知ることですので気をつけましょう。

高齢者の筋力低下は生活習慣の見直しによって改善できる

高齢者の筋力低下は加齢による機能の衰えが主たる要因ですが、適度な運動と食生活に配慮することで進行を遅らせることができます。

つまり、生活習慣病のように、日常生活を見直すことで改善できるのです。

加齢に伴うあらゆる機能の低下が筋力低下に拍車をかけ、行動範囲が狭まり、さらなる筋力低下を呼び込んでしまいます。

筋力が低下し、以前できていたことができなくなると無理にやろうとしなくなりますよね。

そして、気付かないうちに生活習慣そのものが変わってしまいます。

高齢者が生活習慣を改善したり、新しい習慣を採り入れたりすることは容易ではありません。

そうした背景から、近年ではさまざまな支援制度やサービスが展開されるようになりました。

積極的に情報収集し、大いに利用しましょう。

高齢者の筋力低下を見守る便利な2つの見守りサービス

高齢者の筋力低下の進行を遅らせるためには適度な運動を習慣づけることがもっとも効果的です。

しかしながら、加齢に伴い気力や根気が失われ、認知能力も乏しくなるため自発的に継続させることは難しいでしょう。

そこで、適切な運動の習慣づけに便利なサービスとして以下の2つを紹介していきます。

  • アイシル
  • ミマモルGPS

それぞれの概要を紹介していきます。

日常の定期的な運動を促すアイシル

引用元:アイシル公式サイト

アイシルとは高齢者の見守り支援システムです。

センサーによる24時間365日の見守り機能と、認知機能の低下を早期に発見できる機能を搭載しています。

特徴的なのが認知症予防のための生活習慣を促す声かけ機能!

毎日の生活習慣として脳トレを促したり、適度な運動を促す音声メッセージが流されます。

毎日3回、NHKのテレビ体操の時間に合わせて体操をするよう声をかけてくれるため、忘れることはありません。

その日の体調に合わせて体操をしたりしなかったりの選択も自由なのが嬉しいですね。

認知症予防と健康に関するアドバイスもしてくれるので、筋力低下への関心も高まるでしょう。

高齢者の方のお住まいに必須とも思えるシステムです。

運営会社株式会社アイトシステム
特徴センサによる24時間365日の見守り認知症予防
機能体操・脳トレ促し機能服薬管理食事管理高温化防止クラウドデータで変化が一目瞭然
価格2,178円~/月

\ 認知機能低下の早期の気づき支援機能を搭載 /

アイシル

ウォーキング中の行方不明を防ぐミマモルGPS

引用元:ミマモルGPS公式サイト

筋力低下の対策としてウォーキングをされる高齢者の方は少なくありません。

しかしながら、歩いた道を忘れたり、今どこにいるかわからなくなったりするケースが出てきます。

認知機能の衰えによる「徘徊」です。

こうした万一に備えるために便利なのが、携帯GPSによる位置情報の把握ですよね。

株式会社HSB-confianceのミマモルGPSは、日本全国どこにいても10秒でわかる安価なレンタルGPSサービスです。

現在地の把握はもちろん行動履歴や追跡調査、振動や衝撃があった場合の通報装置もついているため、盗難防止や浮気調査などさまざまな場面で活用されています。

高齢者向けの端末専用シューズも市販されているため、合わせて利用すると安心して快適なウォーキングを楽しめるでしょう。

運営会社株式会社HSB-confiance
特徴10秒で位置がわかる軽量小型(24g~)端末専用シューズあり
機能リアルタイムの追跡可能常時最新地図を採用磁石による取付可能振動通知機能
価格4,680円~

高齢者向け「見守りGPS」を詳しく知りたい方は、下記の記事も併せて参考にしてみてくださいね。

\ 24時間居場所がわかる! /

みまもるGPS

まとめ|高齢者だからと筋力低下を諦めず人生をエンジョイしよう

高齢者の筋力低下は加齢による老化現象の一つではありますが、何ら対策を講じずにいると転倒して怪我をしたり、サルコペニアなどの病気と診断されたりします。

日常の生活習慣、食生活と適度な運動で容易に改善できるので、できるだけ実行しましょう。

便利な支援システムや不安を解消するGPS端末も普及しています。

今や、いつどこにいても安心して暮らせる時代!

筋力低下を「歳だから仕方ない」と諦めず、いつまでも行きたいところへ行けるように、やりたいことをやれるように、人生を最後の最期までエンジョイしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次