MENU

見守りカメラの「会話機能」とは?高齢者におすすめの会話付きカメラ3選

見守り カメラ 会話 おすすめ
本ページにはプロモーションが含まれております。

見守りカメラの導入を検討したとき「会話機能」がついているタイプを選ぶと安心ですよね。

「離れて生活している一人暮らしの親に、何かあったらどうしよう」「もしもの時に備えて、できる限り準備したい」と考えている方も多いはずです。

数ある「見守りサービス」の中でも、カメラを使った見守りには安心感があり、体調の急変や転倒などによるケガの際にも迅速に対応できます。

会話機能が搭載された見守りカメラの場合、その場で「救急車呼ぼうか?」「他に具合の悪いところはない?」など、状況確認も可能です。

そこで本記事では、会話機能が搭載されているおすすめの見守りカメラ3選や、機能・特徴について詳しく解説していきます。

遠方で暮らす高齢の親が心配で、見守りカメラを検討しているという方の参考になると幸いです。

目次

見守りカメラの会話機能とは?

見守りカメラには、数多くの「見守り機能」が搭載されています。

もちろん、それぞれのカメラによって搭載されている機能は異なり、会話機能がないタイプも。

会話機能のないカメラの場合、親御さんの様子を確認することはできますが、何かあった際に「声かけ」することができないのでおすすめできません。

また、一言で「会話機能」といっても、できる範囲はさまざまです。

  • 声かけ機能
  • 双方向会話機能
  • 通話機能

「声かけ機能」とは、見守る側のご家族から親御さんへの「声かけ」は可能となりますが、親御さんからの声はこちら側に届きません。

もしも、突然の体調急変で倒れたときや、転倒して動けない状況に陥った場合「会話」ができなければ対応の仕方に困ってしまいます。

また、四六時中カメラでの見守りを続けられるわけではありませんので、様子を確認したときには既に具合が悪くなっている可能性も。

そんな時、親御さんからの声がこちらに聞こえないと、非常に不便です。せっかくの「会話機能」も、効果が半減してしまうでしょう。

「双方向会話機能」とは、カメラを通して親御さんとご家族がお互いに会話できる機能です。

万が一何かあったとき、親御さん自身は電話をかけることはもちろん、その場から動くこともできないかもしれません。

カメラ越しに会話することができれば「持病の薬を飲みたい」「胸が苦しい。救急車を呼びたい」など、どうしたら良いのかを聞きだすことができるため、こちら側もスムーズ対応できます。

救急隊員やケアマネージャーさんへの伝達も、正確に行えるでしょう。

「通話機能」とは、見守りカメラ本体に「通話ボタン」が搭載されており、ワンプッシュで設定先の番号に電話をかけることができます。

見守りカメラが「携帯電話」の役割も果たしてくれるので「スマホの操作は難しい」という高齢者にとって、非常におすすめの商品。

ビデオ通話が可能な商品もありますので、孤独感の軽減や日々の楽しみにつながるでしょう。

見守りカメラのおすすめランキングは、下記のリンクからチェックできます。

高齢者向け|会話機能付き【おすすめ見守りカメラ3選】

ここからは、双方向会話機能や通話機能が搭載されている、高齢者向けおすすめ見守りカメラを3つ紹介していきます。

商品によって費用はもちろん、特徴や見守り範囲が異なりますので、それぞれのご家庭に合ったものを見つけてくださいね。

会話機能付きおすすめ見守りカメラ3選
  • SONY MANOMA(マノマ)
  • 株式会社ラムロック みまもりCUBE
  • 株式会社フタワシステム 見守りカメラ F-HZX-ZC-TY01

ひとつずつ確認していきましょう。

MANOMA(マノマ)

MANOMA 高齢者 見守りサービス 徘徊防止
引用元:MANOMA公式サイト

SONYから販売されている「MANOMA(マノマ)」は、双方向会話機能が搭載されている見守りカメラです。

遠く離れて暮らす親のことが心配になったとき、お互いが安心して生活できるサポートが、すべて揃っている商品!

親御さんに「もしも」のことがあった場合でも、迅速な対応を取ることができます。

MANOMA(マノマ)の「見守り機能」
  • カメラを通して会話が可能
  • 開閉センサーで日々の生活リズムを把握
  • Alexa機能(リマインダー)が搭載されているのでスケジュール管理も◎
  • プライバシーにもしっかり配慮
  • 録画機能搭載
  • スマート家電リモコンで「エアコンON/OFF」や「玄関の施錠」も遠隔操作も可能(オプション)
  • 駆けつけサービスにも対応(オプション)

ご自宅にインターネット環境が整っていないときには、MANOMA(マノマ)がWi-Fi設置まで対応してくれますので安心です。(月額2,200円※初月無料)

あらかじめ、リマインダーに親御さんのスケジュールをセットしておけば、ついつい忘れがちになる「薬の服用」や「通院の日程」も安心!

また、高齢者は体温調節が苦手なことも多く、エアコンは身体に良くないと考えている人も少なくありません。暑い夏には、熱中症のリスクも高まります。

しかし、MANOMA(マノマ)のスマート家電リモコンを使えば、離れた場所からでもエアコンを作動することが可能。玄関錠の閉め忘れにも対応できます。

MANOMA(マノマ)のサービスについて、もっと詳しい内容が知りたいという方は、MANOMAの口コミ評判を徹底解説|特徴や料金プランも紹介!の記事をチェックしてみてくださいね。

初月料金1,650円(初期費用含む)
2ヵ月目以降の月額使用料3,278円

\ 充実したサポートサービスで安心利用が可! /

MANOMA

みまもりCUBE

みまもりCUBE スイッチ 解除 会話機能
引用元:みまもりCUBE公式サイト

高齢者におすすめの会話機能付き見守りカメラ1つ目は、株式会社ラムロックから提供されている「みまもりCUBE」です。

双方向会話機能が搭載されていますので、いざという時にも適切な対応を取ることができます。

その他にも「みまもりCUBE」には、安心の見守り機能が満載!

みまもりCUBEの「見守り機能」
  • 双方向会話でコミュニケーションが取れる
  • センサー探知機能
  • リアルタイムのライブ映像
  • 録画機能
  • 呼び出しボタン
  • 赤外線LEDライトで暗視モード
  • プライバシーモード(モザイク処理)

また、Wi-Fi不要で利用できるため、面倒な回線工事を行う必要もありません。

介護保険給付対象商材も用意されていますので、対象となる場合は、月々の利用料金を抑えることも可能です。

みまもりCUBEについての詳細は、みまもりCUBEの口コミ・評判は?特徴や費用について徹底解説!で解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

初期費用一律:3,850円(事務手数料)
月額料金一般:5,390円
介護保険給付対象:1,650円

見守りカメラ F-HZX-ZC-TY01

株式会社フタワシステム 見守りカメラ 会話機能
引用元:フタワシステム公式サイト

高齢者向けの見守りカメラ、最後にご紹介するのは、株式会社フタワシステムから販売されている「見守りカメラ F-HZX-ZC-TY01」です。

双方向会話はもちろん、ボタン一つでビデオ通話も可能な商品!電話番号は2つまで登録できるので、1つ目は「ご家族」2つ目は「かかりつけ医」などに設定できるのがポイントです。

スマホがなくても、お互い顔を見ながらいつでも会話を楽しめるのが嬉しいですね。

見守りカメラ F-HZX-ZC-TY01の「見守り機能」
  • ワンプッシュでビデオ通話可能(音声のみも可能)
  • アラーム通知
  • 暗視モードあり
  • 首振り機能搭載カメラ
  • 動体検知

使い方も非常にシンプルで、高齢者の方でも簡単に操作できます。アラーム機能は、防犯面でも高い効果を発揮してくれますので安心!

忙しくて手が離せないときには「音声起動」もできるので便利です。

ただし、ご利用には「インターネット環境」が必須となりますので、事前の準備が必要になります。

初期費用15,800円(公式サイトでの価格)
月額料金0円

まとめ|見守りカメラは「会話機能」が搭載されているものがおすすめ

本記事では、高齢者向け見守りカメラの「会話機能」とはどのようなものなのか、会話機能付きのおすすめ見守りカメラ3選について詳しく解説してきました。

離れて暮らす親御さんの様子が心配になったら、見守りサービスの導入を検討しますよね。

中でも、カメラタイプは「もしも」のときに適切な対応ができるのでおすすめ!

しかし、会話機能が搭載されていなければ、見守り機能の効果を十分に発揮することはできません。

また「声かけ機能」だけでは、見守る側のご家族に親御さんの声が聞こえないため、緊急時に迅速な対応を取ることは難しくなります。

見守りカメラを選ぶときには、できるだけ「双方向会話機能」や「通話機能」が搭載されているタイプのものを選びましょう。事前にしっかりと準備をしておけば、万が一の時に備えることができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。以上、参考になると幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次