MENU

認知症の高齢者による徘徊を防止|原因や効果的な対策について解説!

徘徊 防止 対策
本ページにはプロモーションが含まれております。

認知症の症状のひとつに「徘徊」があります。

親御さんの介護の中でも、特に「徘徊」について頭を悩ませているご家族の方も多いのではないでしょうか。

見守る側はもちろんのこと、親御さん自身の生活にも大きな支障をきたしているはず。

特に、深夜の徘徊は、精神的にも体力的にも大きな負担となってしまいますよね。

高齢者が徘徊してしまう原因や、徘徊を未然に防ぐするための効果的な対策が気になるところです。

本記事では、高齢者の徘徊防止アイテムや高齢者が徘徊してしまう原因、徘徊を未然に防ぐ対策について詳しく解説していきます。

目次

認知症による「徘徊」とは?

徘徊は、認知症の周辺症状のひとつとして現れます。

認知症を発症した人が必ず「徘徊」を行ってしまうわけではなく、中にはどれだけ症状が進行しても、徘徊しない人も。

実は「アルツハイマー型認知症」の場合だと、徘徊の症状が出やすく「脳血管性認知症」では、徘徊の症状は出にくいことがわかっています。

このことから、徘徊してしまう高齢者の多くは「アルツハイマー型認知症」であることがわかりますね。

徘徊は「早朝」「日中」「夕方」「深夜」など、時間を問わずに現れる症状となっていますので、介護する側への負担が大きくなってしまうことも特徴です。

ご近所の方に迷惑をかけてしまう可能性があるのはもちろん、行方不明になったり事故に巻き込まれる可能性も。

それだけでなく、徘徊中に熱中症または低体温症になってしまうケースも多くなっています。

高齢化社会の影響もあり、徘徊による「行方不明者」は、年々増加しているのが現状です。

運良く保護された場合でも、身元がわからないまま介護施設や病院で過ごしている方も多いので、しっかりと対策を立てる必要があるでしょう。

認知症による徘徊の原因やきっかけとは?

傍から見ると「意味もなく歩き回っている」ように見えるかもしれませんが、本人には明確な目的があって、外出することが多くなっています。

認知症の高齢者が徘徊する原因

認知症の高齢者が徘徊してしまう原因は、主に2つの要因に分けられます。

  • 記憶障害
  • 見当識障害

認知機能低下の症状として代表的な「記憶障害」が、主な理由である可能性が高くなっています。

記憶障害の場合、外出する際には「外出の目的や理由」を把握していても、外に出ると「なぜ外出したのか」がわからなくなってしまうのです。

外出の理由を思い出すために、歩き続けるケースも多く見られます。

また、記憶障害では、見慣れているはずの道を忘れてしまうことも。

見当識障害は「トイレの場所がわからなくなる」「日付や時間を認識できなくなる」「家族や友人のことがわからない」といった症状が現れます。

徘徊の直接的な原因となり、一人で外出してしまうと自宅の場所がわからなくなるだけでなく、パニック状態に陥る可能性もありますので注意しなければなりません。

認知症の高齢者が徘徊するきっかけ

徘徊に繋がってしまうきっかけとして、主に3つの要因が挙げられます。

  • 身体的な理由
  • 心理的なもの
  • 環境によるもの

それぞれ、具体的に、どのような症状がみられるのか確認していきましょう。

身体的な理由

身体的な理由から起こる徘徊の具体例として「トイレに行こうとする」「食事を摂ろうとする」「飲み物が飲みたくなる」などの行動を起こしますが、すぐに目的を忘れてしまい、歩き回ってしまいます。

このように、身体的な理由がきっかけで、徘徊へとつながってしまうのです。

日頃から定期的に「トイレは大丈夫?」「お腹は減っていない?」などと声かけすることができれば、症状が改善されることもあるでしょう。

心理的なもの

心理的なきっかけには「ストレス」や「習慣の再現」があります。

認知症を発症したことによるストレスは、高齢者本人も強く感じているもの。今までできていたことがどんどんできなくなっていくことで、親御さん自身も自信を無くしてしまっています。

「自分はこれからどうなってしまうのだろう」「不安感や焦燥感に駆られる」という気持ちが、徘徊につながってしまうのです。

また、ご家族が、徘徊やその他の認知症症状について厳しく批判するのも逆効果。

強く注意したり冷たい態度をとってしまうと、ストレスから、徘徊頻度が増加してしまいます。

生活習慣の再現は「元気だった頃の自分」の行動を再現するのが特徴です。

「会社に行かなくてはいけない」「夕食の買い出しの時間だ」「子どもを迎えに行かなくてはならない」という気持ちが、徘徊を促してしまいます。これは「回帰型」と呼ばれる認知症の症状です。

回帰型の場合も、頭ごなしに注意したりせず、高齢者の気持ちに寄り添った言葉をかけるよう努めましょう。

環境によるもの

認知症は、環境の変化にうまく対応できないという特徴があります。

新しい環境に変わると「居心地が良くない」と感じる人が多く、その不満やストレスから、徘徊を引き起こしてしまうのです。

具体的には、老人ホーム・介護施設への入居や引っ越しがきっかけとなります。

「自分の家に帰りたい」という思いが抑えられなくなり、徘徊を繰り返してしまうでしょう。

高齢者の徘徊を防止する効果的な対策

徘徊を防止するためには、事前の対策が重要です。

ここでは、効果的な対策を3つ紹介していきます。

徘徊を防止する効果的な対策3選
  • 薬を服用する
  • 地域の人や自治体と連携する
  • 生活に「徘徊防止対策アイテム」を取り入れる

順番に確認していきましょう。

薬を服用する

高齢者の徘徊を防止する対策1つ目は、薬の服用です。

かかりつけの医師に相談することで「抗精神病薬」や「漢方」を処方してもらえる場合もあります。

薬を服用することによって睡眠サイクルが整うため、もっとも危険度の高い「深夜の徘徊」を未然に防ぐことが可能。

ただし、薬の副作用が出てしまう場合もあるため、医師と相談しながら対策していくのがおすすめです。

地域の人や自治体と連携する

徘徊を防止する対策では、地域の人や自治体との連携が欠かせません。

まずは、近所の方や自治体などに「親御さんの徘徊」について話しておきましょう。最寄りの駅や近くの交番などにも伝えておくと安心です。

家族だけでは対応できなくなってしまったときでも第三者のサポートがあれば、徘徊時に見つけてもらえる可能性も高く、最悪の事態を未然に防ぐことが可能。

家族だけでの見守りには限界があり、リスクも大きくなります。徘徊は、命の危険に関わることですので、事前に周囲の人たちと連携をとるよう心がけましょう。

生活に「徘徊防止対策アイテム」を取り入れる

徘徊防止に効果的な対策として、専用サービスや対策アイテムを取り入れるのも1つの方法です。

万が一に備え、徘徊防止アイテムを把握しておきましょう。

徘徊防止におすすめのサービス3選
  • MANOMA(マノマ)
  • ミマモルGPS
  • ALSOC(アルソック)みまもりサポート

ひとつずつ見ていきましょう。

MANOMA(マノマ)

MANOMA 高齢者 見守りサービス 徘徊防止
引用元:MANOMA公式サイト

徘徊防止におすすめのサービス1つ目は、SONYが提供している見守りサービス「MANOMA(マノマ)」です。

認知症のさまざまな症状を手厚くサポートしてくれるのはもちろん、スマート家電リモコンを使えば、離れた場所からでも玄関の施錠が可能となります。

また、外出先から室内カメラを確認することができますので、リアルタイムで親御さんの様子を把握できる点も大きな魅力!カメラを通して声かけもできるので、耳が遠い親御さんにもおすすめです。

緊急事態の際には、セコムの駆けつけサービスも利用できるので安心感も増しますね。

ご自宅で介護されている方だけでなく、離れて暮らす親御さんの見守りにも最適です。

料金もリーズナブルですので、ご家族の徘徊でお悩みの方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

初期費用(初月料金)1,650円
月額料金(2ヶ月目以降)3,278円

\ 充実したサポートサービスで安心利用が可! /

MANOMA

ミマモルGPS

ミマモルGPS 高齢者 一人暮らし 徘徊防止
引用元:ミマモルGPS公式サイト

徘徊対策・防止におすすめのサービス2つ目は、ミマモルGPSです。

24時間いつでも居場所がわかるので、万が一の場合でも迅速な対応が可能となっています。

暗くて探しにくい「深夜の徘徊」でも、ミマモルGPSがあれば、一目で居場所を確認できるので便利!

「GPSを持たせないと意味がないのでは?」という疑問をお持ちの方も多いですよね。

ミマモルGPSでは、認知症高齢者のための「専用シューズ」を提供中(別売り)。

靴の中に端末が埋め込んであるので、GPS端末を持たせることなく居場所を把握できます。

移動履歴のデータが確認できるのもポイント。普段の行動履歴を把握しておけば、いざという時でも柔軟に対応できるでしょう。

10日間レンタル6,980円
30日日間レンタル9,800円
60日間レンタル13,800円
90日間レンタル18,800円
365日間レンタル36,800円

\ 24時間居場所がわかる! /

みまもるGPS

アルソック みまもりサポート

アルソック 緊急ボタン 見守りサービス
引用元:アルソック公式サイト

高齢者の徘徊防止対策3つ目にご紹介するのは、アルソックのみまもりサポートです。

急な体調不良や防犯対策に特化しているのはもちろん、徘徊見守りや「外出」「帰宅」を知らせてくれるオプションサービスも充実しています。親御さんの位置情報を確認することも可能。

見守る側のご家族が、お仕事などで多忙な時でも、アプリを通して状況を把握できるから安心です。

ライフスタイルに合わせて、ご希望のオプションサービスを選択でき、支払方法の自由度が高いのことも特徴のひとつ。

ご家族の徘徊でお悩みの方にとって、非常に心強いサービスと言えるでしょう。

もっと詳しい内容が知りたい!という方は、アルソック【高齢者向け見守りサービス】口コミ・評判|特徴や費用を解説!をチェックしてみてくださいね。

初月料金お買い上げプラン70,565円
レンタルプラン13,365円
ゼロスタートプラン0円
月額料金お買い上げプラン:1,870円
レンタルプラン:2,838円
ゼロスタートプラン:3,069円

\ まずは無料資料請求で安心情報を確認 /

アルソック

高齢者の徘徊防止には事前の対策が重要

本記事では、認知症による高齢者が徘徊をしてしまう原因やきっかけ、徘徊を防止するための効果的な対策などについて詳しく解説してきました。

徘徊にはさまざまな理由があり、それぞれの原因によって、効果的な対処法も異なります。

共通して言えることは、徘徊や認知機能の低下について、否定したり強い口調で注意するのは逆効果になることです。

ご家族はもちろんですが、何よりも本人が大きな不安やストレスを抱えていることを忘れないようにしましょう。

徘徊を未然に防止するためには、効果的なサービスを取り入れるのがおすすめです。

いざという時にも、迅速で柔軟な対応ができるようになりますので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。以上、参考になると幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次