MENU

高齢者の一人暮らしに効果的な5つの対策|現状や問題点も解説!

高齢者 一人暮らし 対策
本ページにはプロモーションが含まれております。

高齢者の一人暮らしには、さまざまな危険やリスクがつきまといます。

離れて暮らす親御さんの様子が心配というご家族の方も多いのではないでしょうか。

少子高齢化社会は深刻化する一方。近年では、ご近所付き合いも希薄となり、老人の孤立化も目立ってきています。

同居を提案しても、住み慣れた街や思い出の詰まった自宅から、離れたくないという高齢者が多いのも事実。

親御さんの健康面に心配や不安があれば、なおさら気がかりですよね。いざという時のために、万全の対策をとっておきたいところです。

そこで本記事では、一人暮らしの高齢者の現状や起こり得るリスク、効果的な5つの対策について詳しく解説していきます。

遠方で一人暮らしをしているご家族が心配という方の参考になると幸いです。

目次

高齢者の一人暮らし|深刻な日本の現状とは?

2024年現在、日本国内において、高齢者の一人暮らしは大きな社会問題にまで発展しています。

世界各国にも、少子高齢化が進んでいる国は多数ありますが、中でも日本における高齢化社会の加速度は群を抜いているのが現状です。

そもそも「高齢者」とは65歳以上の人口を指しており、高齢化社会とは、総人口が占める高齢者の割合が増加していること。

出生率の減少や高齢化社会が及ぼす影響は、日本経済にも大きく関わってきます。労働人口が激減するため、市場の縮小も免れません。

一人ひとりの労働時間が増加し、プライベートな時間が確保しづらくなるなど、少子化問題に拍車をかけてしまうでしょう。

2023年(令和5年)の時点で、高齢者の人口は「3,624万人」となっており、総人口に占める高齢化率は29%にまで達しました。

男性と女性の比率に差があるのもひとつの特徴となっていて、男性は「1,573万人」女性が「2,051万人」です。

比較すると、女性の割合が多いことがわかります。

そんな中でも、ご家族にとって特に心配なのが「一人暮らし」という点ではないでしょうか。

一人暮らしの高齢者が増加する原因はさまざまですが、高齢者本人が自ら希望しているケースも多くみられます。

「子どもに迷惑をかけたくない」「今の生活に満足している」「一人暮らしだと、周りに気を遣わずに済む」といった理由から、敢えて一人暮らしを選択している人も。

しかし中には、頼れる家族や知り合いがいないことによって、一人暮らしを余儀なくされている高齢者も多くなっています。

高齢者の一人暮らしで考えられる5つの問題点

高齢者が一人暮らしを続けていくためには、さまざまな問題点にぶつかります。

動けるうちは、何でも自分でこなすことができ、快適に生活することができるかもしれません。

しかし、時間の経過とともに、多くの障害が立ちはだかります。

高齢者の一人暮らしで考えられる5つの問題点は下記の通りです。

高齢者の一人暮らし5つの問題点
  • 孤独死の危険性
  • 介護が必要になる
  • 家事などが負担になる
  • 認知症の発症と進行
  • 消費者トラブルに巻き込まれる

ひとつずつ確認していきましょう。

孤独死の危険性

近年、一人暮らしの高齢者に急増している「孤独死」は、注意しておきたい問題のひとつです。深刻な社会問題に発展しています。

頻繁に連絡を取る家族が居なかったり、近所づきあいや地域活動にも参加していない老人が多いのも事実。

万が一、体調が急変した場合でも、誰にも気づいてもらえないという可能性が高くなります。

高齢者に孤独死が多い理由は、軽い転倒や低い場所からの転落であっても、命にかかわる危険度が高くなるからです。

転倒や転落時に意識はあっても、そこから動くことができず、助けを求めることができません。

そのままの状態で、なくなってしまうケースもあるでしょう。

介護が必要になる

一人暮らしが始まったときには、特に不自由に感じることもなく、一人でも十分やっていけると思っている方が多いですよね。

しかし、病気やケガは、いつ自身の身に降りかかってくるかわかりません。

万が一の事態が起こってしまったとき、頼れる人が居なければ、迅速なサポートを受けるのも難しいでしょう。

「子どもは居るけれど、遠方で暮らしているから、簡単に頼ることはできない」という方も多いはず。

いざという時のために、事前に対応策を考えておくことが重要です。

家事などが負担になる

年齢を重ねるごとに「食事の支度」や「掃除」などが、大きな負担となるケースも。これには、以前のように身体が動かなくなることだけでなく、体力や筋力の低下も大きく影響しています。

例えば、足が不自由だったり、膝が痛いという高齢者の方は大勢いますよね。立ち上がるだけでも痛みが伴ったり、長時間立っているのも難しくなるでしょう。

ゴミ出しや洗濯・お風呂掃除など、一つの家事を終わらせるのに、多くの時間が必要になってしまいます。

また、電球の交換や庭の手入れなど、自分では対応できないことがどんどん増えていくのです。

徐々に「面倒だ」と感じるようになり、やるべきことを後回しにしてしまいます。

それが積み重なって、気づけば不健康な生活を送ることになってしまうでしょう。

認知症の発症と進行

認知症の発症と進行も、高齢者の一人暮らしにおいて大きな問題のひとつ。

症状はさまざまですが「判断力の低下」や「記憶力の低下」も特徴です。

認知症が進行すると、火の不始末や薬の飲み忘れ・重複服用などにもつながってしまいます。

家族とのコミュニケーションが少ない場合には、進行していることに気づくことができず、一人での生活が困難になるケースも少なくありません。

認知症の一人暮らしは多くのリスクがあり、危険と隣り合わせになりますので、日頃から注意しておくようにしましょう。

消費者トラブルに巻き込まれる

消費者トラブルに巻き込まれるケースが多いことにも、十分気をつけなければなりません。

一人暮らしの高齢者を狙った詐欺は、年々増加中です。

オレオレ詐欺や還付金詐欺・架空請求などでターゲットとなるのも、高齢者が圧倒的に多くなっています。

また、自宅に訪問業者が来て、高額な骨董品や絵画などを売りつけるなどの被害も。

認知症を発症していれば、判断力が低下している可能性が高いので、疑うことなく詐欺被害に遭ってしまうでしょう。

高齢者の一人暮らしに効果的な5つの対策

高齢者の一人暮らしには、数多くの問題点がありましたね。

一人暮らしの親御さんが、安全な生活を送るための「効果的な対策」を5つ紹介していきます。

高齢者の一人暮らしの効果的な5つの対策
  • 見守りサービスの導入
  • 親が元気なうちに希望を確認する
  • 宅食サービスを利用する
  • 自宅の環境を整える
  • 成年後見制度の利用

それぞれ、順番に解説していきます。

見守りサービスの導入

高齢者の一人暮らしには、見守りサービスの導入が非常に効果的です。

見守る側・見守られる側、お互いに安心感が生まれるだけでなく、快適な生活をサポートしてくれる心強い味方となります。

高齢者の一人暮らしにおすすめの見守りサービス
  • MANOMA(マノマ)
  • アイシル
  • セコム 親の見守りプラン

順番に見ていきましょう。

MANOMA(マノマ)

MANOMA 見守りカメラ
引用元:MANOMA公式サイト

高齢者の一人暮らしにおすすめの見守りサービス1つ目は、SONYが提供しているMANOMA(マノマ)です。

「普段、どんな生活をしているのか心配」「安否確認ができるサービスを探している」というご家庭にぴったり!

室内カメラで、リアルタイムの様子が確認できるのはもちろんですが、各所に設置した「センサー」でライフリズムの把握も可能です。カメラには「声かけ機能」が搭載されていますので、コミュニケーションを取るにも最適。

また、スマート家電リモコン(オプションサービス)を使用することで、離れた場所から「玄関の施錠」や「エアコンのON/OFF」も!防犯面や熱中症対策も万全ですね。

続けやすい料金も大きな魅力のひとつ。インターネット環境がないご家庭でも、MANOMAが提供してくれますので安心です。

初月料金1,650円(初期費用含む)
2ヶ月目以降料金3,278円
Wi-Fiオプション2,200円/月 ※初月無料

MANOMA(マノマ)について、もっと詳しい内容が知りたい方は、MANOMAの口コミ評判を徹底解説|特徴や料金プランも紹介!でチェックしてみてくださいね。

\ 充実したサポートサービスで安心利用が可! /

MANOMA

アイシル

アイシル 緊急ボタン 高齢者 一人暮らし
引用元:アイシル公式サイト

高齢者の一人暮らしにおすすめの見守りサービス2つ目は、株式会社アイトシステムから販売されている「アイシル」です。

「カメラでの見守りには抵抗がある」「認知機能の低下を予防したい」とお考えの方に最適なサービス!

センサータイプの見守りとなっており「薬の飲み忘れがないか」「3食きちんと食べたか」など、親御さんの様子を、24時間365日見守ることができます。

また、室内の気温が上昇し熱中症のリスクがある場合には、エアコンの作動を促すメッセージが流れるので安心です。

「認知症初期段階見極めシステム」として、特許を取得している信頼できるサービスとなっていますので、認知機能の低下が不安な方におすすめ!

月額料金2,178円
初期費用21,780円(本体価格)

アイシルについての詳細は、見守りサービス「アイシル」の口コミ評判|認知症対策にもなるって本当?の記事で解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

\ 認知機能低下の早期の気づき支援機能を搭載 /

アイシル

セコム 親の見守りプラン

セコム 親の見守りプラン 自動
引用元:セコム公式サイト

高齢者の一人暮らしにおすすめの見守りサービスと3つ目は、セコムの「親の見守りプラン」です。

万が一のときにも安心の「マイドクター(ペンダント式緊急ボタン)」で、体調の急変や転倒にも焦らずに済みます。

24時間365日、いつでも「駆けつけサービス」が利用できる点が嬉しいですね。

また、センサータイプの見守りですので、親御さんのプライバシーもしっかりと守れるのがポイント!

一定時間センサーに反応がない場合には、自動的にセコムに連絡されるので安心です。

見守る側のご家族は、専用アプリひとつで親御さんのライフリズムを把握できます。

月額料金5,060円
初期費用48,400円(工事代金)

セコムのサービス内容を、もっと知りたい!という方は、セコム【高齢者見守りサービス】の口コミや評判は?メリット・デメリットや費用を解説!をチェックしてみてください。

\ 簡単資料請求・お見積もり依頼/

セコム

親が元気なうちに希望を確認する

一人暮らしの高齢者への対策では「本人の希望や意思を尊重する」ことが大切です。

例えば「見守りサービスの導入」に関しても、カメラで監視されるのを嫌う老人が多いのも事実。

見守る側は、親のためを思って取り組んでいることであっても、見守られる側のストレスになってしまう可能性もあります。

元気なうちに、本人の意向を確認しておきましょう。

「老人ホームへの入所を希望している」「できれば、一人暮らしを続けたい」「介護が必要になったときは同居したい」など、明確な希望を聞いておくことで、いざという時にもスムーズに対応できます。

宅食サービスを利用する

上記の「問題点」でも触れた通り、高齢者にとって「家事」が負担になることは間違いありません。

年齢を重ねるごとに、体力や筋力も低下してきますので、栄養面の管理はしっかりしておきたいところです。

しかし、食事の支度も面倒になり、栄養バランスを考えなくなったりスーパーの総菜やお弁当で済ませることも増えていくでしょう。

最悪の場合、食事を摂ることでさえ億劫になってしまい、栄養失調に陥る可能性も!

そんな事態を防ぐために「宅食サービス」を利用するのも、効果的な対策です。

栄養面の心配がなくなるだけでなく、サービスの中には「安否確認」や「健康状態の把握」がセットになっているものもありますのでおすすめ。

また、日常的に配達スタッフと会話することで、孤独感の解消につながることもあるでしょう。

自宅の環境を整える

高齢者の一人暮らし対策として、自宅を住みやすい環境に整えることも効果的です。

バリアフリーにして段差をなくすことで、転倒のリスクを大幅に減らすことができます。

また、手すりがあると安全性も向上!夜中のトイレの際にも、怪我をする心配が少なくなるでしょう。

また、足が不自由になってくると「高い浴槽」は不便に感じてしまいます。思うように足が上がらず、浴室での事故にもつながりかねません。

不自由に感じた場所をリフォームすることで、快適で安全な生活を実現できます。

成年後見制度の利用

高齢者の一人暮らしでは、成年後見制度の利用も効果的です。

そもそも成年後見制度とは、どのような内容なのでしょうか?

成年後見制度とは、認知症などで判断力が低下してしまった人のサポート役を選任できる制度。

本人に代わって、財産の管理を行ったり契約手続きなどを実行することができます。

高齢者が認知症を発症した場合でも、本人の権利や利益を守る目的で作られた制度です。

必要のない商品を購入する機会が増えたり、簡単な手続きができなくなるなど「判断能力の低下」が見られたときには、すみやかに利用を検討しましょう。

まとめ|高齢者の一人暮らしには問題が多い!事前の対策で乗り切ろう

本記事では、日本における高齢者の一人暮らしの現状や問題点、効果的な対策5選について詳しく解説してきました。

高齢者の一人暮らしには、多くの問題点があることがわかりましたね。

突然、病気やけがに見舞われて、介護が必要になるケースも少なくありません。それだけでなく、最初は簡単にできていたことが徐々できなくなっていき、健康な生活が送れなくなってしまうことも。

事前に対策を取り入れておくことで、いざという時にも焦らずスムーズに対応できます。

ご家庭に合った対策を検討し、高齢者の一人暮らしを見守っていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。以上、参考になると幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次